最近の記事

中西宏明/冨山和彦 著「社長の条件」読了メモ(^_^)

経団連会長と経営共創基盤代表による、「プロ経営者論」。社長をいかに選ぶか。その重要性と難しさを認識させる。

日本では、「営業一筋」「ボイラー一筋」という職歴は、一見美しく見えるが、企業経営の観点からは不十分。より幅広い経験を積んでおくことが求められる。若い時には修羅場を経験することが大事だという著者らの主張。

成熟国家となった現代の日本は、どの企業も、知恵と工夫を凝らして競争を勝ち抜いていく必要がある。今後は順送り人事や年功序列による社長や役員の選抜でなく、実力があり、真に決断力を発揮できる企業トップを選ばなければ、企業は生き残れない。

これからのトップは変化に対して鋭敏であり、自ら変化を創造していくようなセンスをもち、決断力を発揮できなければならない。

企業の持続的な成長を実現するような、攻めのコーポレートガバナンスの実践も重要な要素になる。

社長の選び方が決まれば、人材育成や採用の仕方も変わるのは当然の流れ。

社長候補者は、できるだけ若くから経営視点でものを考え、金融サイドと事業サイド双方の視点を養う必要がある。

経営を厳しい知的格闘技と見なし、それを楽しめて、やりがいを見出せるかどうかが、経営者としての一番大事な資質である。

楽しめて、やりがいを感じるのはあたってるけど、現実逃避もしたい年頃です。

関連記事

  1. 【ユヴァル・ノア・ハラリの「ホモ・デウス」上下合本版】

  2. 「全ての開発は感動から始まる」本のコンピュータ産業の父 池田敏雄

  3. 内田和成著『右脳思考』読了

  4. 『エンジニアリング組織論への招待 ~不確実性に向き合う思考と組織のリファクタリング』 読了

  5. 山本七平著『渋沢栄一 日本の経営哲学を確立した男』読了メモ(^_^)

  6. 白潟 敏朗著『知らない人を採ってはいけない 新しい世界基準「リファラル採用」の教科書』読了メモ(^_…

  7. ユヴァル・ノア・ハラリの「サピエンス全史 」上下合本版

  8. フレデリック・ラルー著 『ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』読了メモ(^-^…

PAGE TOP
Multiple Language Translate »