最近の記事

「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」

「創業者は理念と業績の矛盾した両方を追いかけられる」
「幹部は業績を伸ばせるが、創業者以上に矛盾した両方を追うことが出来ない」

社員から見て「常識人」な社長が経営する会社は、経営する社長にとってとんでもなくブラックな企業(社長が現場出て赤字補填&個人資産の持ち出しあり、社長だけ長時間勤務&休みなし)になってしまう。

「幹部に負荷がかかることは申し訳ないと思いますが、「平凡な中小企業」に向かうのはもっと申し訳ないので、心を鬼にして厳しい要求をし続けています。
その厳しい要求が、社員や幹部の理解に至らないとき、僕は「滅茶苦茶な社長」として映っていることでしょう。」

常識に囚われず滅茶苦茶な社長でありたいです。(いい意味で)()

参考URLです。

https://m.newspicks.com/news/2168716/

関連記事

  1. An Agile Approach to Change Management

  2. 健康は経営資源だから( ^_^)

  3. 審査員更新研修 ISO45001:2018受講中

  4. ISO更新 -始めることは簡単・続けることは難しい-

  5. 【品質マネジメントシステム(ISO9001:2015)認証を取得】

  6. 卒業おめでとうございます

  7. 自然に還る!

  8. COCOA不具合、内閣官房内検証

PAGE TOP
Multiple Language Translate »