最近の記事

「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」

「創業者は理念と業績の矛盾した両方を追いかけられる」
「幹部は業績を伸ばせるが、創業者以上に矛盾した両方を追うことが出来ない」

社員から見て「常識人」な社長が経営する会社は、経営する社長にとってとんでもなくブラックな企業(社長が現場出て赤字補填&個人資産の持ち出しあり、社長だけ長時間勤務&休みなし)になってしまう。

「幹部に負荷がかかることは申し訳ないと思いますが、「平凡な中小企業」に向かうのはもっと申し訳ないので、心を鬼にして厳しい要求をし続けています。
その厳しい要求が、社員や幹部の理解に至らないとき、僕は「滅茶苦茶な社長」として映っていることでしょう。」

常識に囚われず滅茶苦茶な社長でありたいです。(いい意味で)()

参考URLです。

https://m.newspicks.com/news/2168716/

関連記事

  1. 「FIRST CSIRT Services Framework」バージョン2.0が7月に公開

  2. 【米ガートナー(Gartner)先進テクノロジーハイプサイクル(Emerging Technolog…

  3. 人生の見方を変える言葉  

  4. 業界から消えるクリエイターの共通点

  5. オープンソースのシステム運用監視ソフトウェアを提供するZabbix社とパートナー契約を締結

  6. ボッチで会社で留守番

  7. 伸びているベンチャーで必要な人、いてはいけない人 - 採用の意外な落とし穴 –

  8. 孫会長に聞く、“AI時代”に天才は・・・

PAGE TOP
Multiple Language Translate »