最近の記事

【リモートワークを進めるうえでのカギは・・・】

大手ITサービス会社のリモートワークを進める取り組みにはちょっと懐疑的。揺り戻しは必ずやってくるだろう。

リモートワークの有用性は理解しているし、その益を享受しているわけだが、物足りなさも感じる場面も。特に初めて会う人との打合せの場合。

「場」を共有することで、1時間もあれば信頼関係を築くこともできるかもしれないことが、物理的に離れている場合、そうはいかない。

空気を共有していないので、言葉には表われない、空気を通して感じ取るメッセージ(ジョークやリラックスした雰囲気を出すなど)を正確に理解することは難しい。

思い出すのは、リモートワークの先駆者ともいえるIBMの件。

IBMは2017年5月にリモートワークの廃止を発表し、数千人もの在宅勤務の従業員に、「オフィス勤務か退職か」をつきつけた。

リモートワークを積極的に実施してきた米ヤフーも、勤怠管理がうまくいかなかったため2013年にリモートワークを廃止している。

リモートワークが増えるほど、職場としてのまとまりはかえって重要となる。

米国ですでに起こり、その反省からリアルなオフィスの重要性が認識されている。十分な信頼関係がない場合、リモートワークはうまくいかず、生産性が低下することは自明だ。

場合によっては、人間関係さえ崩壊させかねないリモートワーク。逆説的になるが、リモートワークを進めるうえでのカギは、対面での信頼関係づくりにある。リモートワークを権利と勘違いさせたら、導入した理想も運営も歪むと思う。

https://biz-journal.jp/2020/04/post_152614.html

関連記事

  1. 政府情報システムのためのセキュリティー評価制度(ISMAP)

  2. 環境マネジメントシステム(EMS)国際標準規格「ISO14001:2015」認証を取得

  3. Microsoft Streamを利用して、学校内だけで利用できる動画サイトを作る手引き

  4. Coronavirus: The Black Swan of 2020

  5. 打ち合わせは自転車で移動

  6. ソフトウェア開発の在宅勤務、生産性などに悪影響

  7. エン転職で募集中です(^-^)

  8. Data and AI Landscape 2020 @Matt Turck

PAGE TOP
Multiple Language Translate »