出口治明氏「知的生産術」

出口治明氏「知的生産術」を読了(^_^)
以下レビューです。

要点1
日本では、長時間労働が常態化しているにもかかわらず成長率が低く、生産性が低い。生産性を上げるには、評価軸を「労働時間」から「労働生産性」に変える必要がある。

要点2
仕事にイノベーションを起こすアイデアを生み出すには、「メシ・風呂・寝る」の生活を「人・本・旅」に変え、脳に刺激を与えるのが有効だ。

要点3
組織の生産性を上げるためには、「適材適所」の人材配置が重要だ。人材配置のポイントは4つで、部下の適性や意欲を把握すること、短所は無視して長所を伸ばすこと、全員を管理職に育てる必要はないということ、上位2割のパフォーマンスを上げること。

本書では、「考える技術」「インプットとアウトプットの技術」「マネジメントの技術」「コミュニケーションの技術」の観点から、個人の知的生産性を上げる方法が紹介されている。「ルールに従えば、自動的、機能的に行動できる」「一番身近な『なりたい人』が成長の起爆剤になる」「『運』は健康でないとつかめない」「生産性を上げる会議の進め方」など、どれも具体的で、実践しやすいものばかり。

関連記事

  1. 山本七平著『渋沢栄一 日本の経営哲学を確立した男』読了メモ(^_^)

  2. 小森哲郎著『企業変革の実務――いつ、何を、どの順番で行えば現場は動くか』 読了メモ(^_^)

  3. フレデリック・ラルー著 『ティール組織 マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現』読了メモ(^-^…

  4. アラン・ピーズとバーバラ・ピーズ著『ブレイン・プログラミング -自動的に夢がかなっていく-』読了メモ…

  5. 人類史を幸福の観点から描く 「サピエンス全史」

  6. 【最強チームをつくる方法】読了メモ(^.^)

  7. 中西宏明/冨山和彦 著「社長の条件」読了メモ(^_^)

  8. 抜粋「スタートアップに向いてる人の特徴」

PAGE TOP
Multiple Language Translate »