最近の記事

岡田陽介著『AIをビジネスに実装する方法 「ディープラーニング」が利益を創出する』読了

「ディープラーニングはすでに枯れた技術」。Googleが公言するのは、ディープラーニングは目新しいものではない。「いまになって、一般企業が導入するかどうかで迷うなんて、論外だ。なぜ活用しないのか? だって、もう枯れ始めている(十分に使われている)技術なんだから」。

画像、音声などの非構造化データは、従来は自動判定が難しいものだったが、ディープラーニングにより、高い精度で自動的に判定できるようになり、ビジネスの現場でも活用され始めている。

小売店の例では、ディープラーニングで「顔データ」などの非構造化データの分析により来店客の属性だけでなく、店内のどこで立ち止まっているのか、どういった導線行動を取っているのかがわかる。そこから「買わなかった」理由を推定できる。

属性や導線行動の情報とPOSデータの「購買情報」を結びつけてみると、「このような導線行動を取った人は65%の確率で、こんな商品を買う」といった傾向がデータベース化されていく。それを解析することで、具体的な施策が立案できる。

小売業の来店客の導線行動を把握したり、人間の目視に頼っていた工場での不良品検査を自動化したりすることができるようになっている。さらには、データに基づいた仮説の検証、より精度の高い意思決定が可能となり、利益創出につながっていく。

AIは自社のボトルネックとなる経営課題を解決するために活用すべきである。そして、ディープラーニングにより集められた非構造化データ(画像、音声など)はAI導入によって、宝の山となる。

経験とカンだけに頼ることなく、ファクト・データをもとにした仮説の検証、施策の検討・立案が可能になる。

関連記事

  1. 『やってはいけない7つの「悪い」習慣』読了メモ(^_^)

  2. 人類史を幸福の観点から描く 「サピエンス全史」

  3. 鈴木祐著『最高の体調』読了メモ(^_^)

  4. 出口治明氏「知的生産術」

  5. 白潟 敏朗著『知らない人を採ってはいけない 新しい世界基準「リファラル採用」の教科書』読了メモ(^_…

  6. 小森哲郎著『企業変革の実務――いつ、何を、どの順番で行えば現場は動くか』 読了メモ(^_^)

  7. 【最強チームをつくる方法】読了メモ(^.^)

  8. 「全ての開発は感動から始まる」本のコンピュータ産業の父 池田敏雄

PAGE TOP
Multiple Language Translate »