最近の記事

「ヒトは生命進化を2回たどる」

■生命進化1回目の辿る道

発生学的観点から見ると、胎児は羊水という母なる海の中で魚類→両生類→爬虫類→哺乳類と生命進化30億年を280日でたどってくる。

そう考えると1秒で100年前後の進化を遂げていることになる。

■生命進化2回目の辿る道

人生がスタートしてから立てるようになる1歳ごろまでに赤ちゃんの脳は爆発的に成長をとげるが、それもこの生命の進化の歴史に対応。

うつ伏せにすると赤ちゃんはうにょうにょ動くが、これは魚類の動きで延髄(えんずい)という部分が担当。

そのうちずりずりとずり這いをするようになるが、これはカエル(両生類)のような動きで橋(きょう)という部分の担当。

次第に手と足が交差してでてくるようになるが、これはトカゲ(爬虫類)の動きに似ていて、脳は中脳の担当。

そしてようやく立ち上がり哺乳類となり大脳皮質までいきつく。

生きる事は進化すること。生命の神秘と不思議。生命の誕生、成長の輝きとはなんと偉大なることか!

https://note.com/stillness_0point/n/n656a1ba1f683

関連記事

  1. 内容ギッシリ 地方創生取組事例

  2. 目黒散策

  3. 築地川祝橋公園にて盆踊り開催中!

  4. 大宮にて同郷仲間(石川県小松市出身者)で一杯(^_^)

  5. 10 steps to cyber security

  6. CyberSecurity Memorandums

  7. ありがとう。池袋

  8. “Getting CEH v 10 Certification Cost & …

PAGE TOP
Multiple Language Translate »