最近の記事

米パランティア上場 – データ解析、時価総額1.6兆円 –

上場間近と昨年来Watchしていたデータ解析を手掛ける有力企業、米パランティア・テクノロジーズが30日、ニューヨーク証券取引所に上場。

・ピーター・ティール氏らが2003年に創業

・米中央情報局(CIA)などの公的機関や大手企業にビッグデータの分析基盤を提供

・「異形のハイテク企業」として知られ、アレックス・カープ最高経営責任者(CEO)は株主への手紙の中で、「当社はシリコンバレーで創業したが、他の企業と価値観を共有していない」と宣言

・「当社のソフトはテロリストを標的にし、兵士を守るために使われる」と述べた。

パランティア・テクノロジーズの強みは、まるで“魔法の水晶玉”を手にしているかのように、通常なら分析が難しい大量のデータを短時間で解析して、探したい情報を見つけ出せる技術にある。

「ダイナミック・オントロジー」という情報の定義を柔軟に変える技術

元記事「日経新聞」https://www.nikkei.com/article/DGKKZO64457370R01C20A0MM0000/

過去Blogから引用https://ceoblog.axis-ing.com/…/%e3%83%93%e3%83%83%e3…/

関連記事

  1. 第28回 Japan IT Weekー【春】AI・業務自働化展に出展(^-^)

  2. AIリテラシーをすきま時間に学べる

  3. Teachers have the necessary technical and pedagogi…

  4. 「デジタル庁 2021年秋までに設置 トップに民間人検討」

  5. ソフトウェア開発の在宅勤務、生産性などに悪影響

  6. Microsoft Streamを利用して、学校内だけで利用できる動画サイトを作る手引き

  7. アイディアをカタチにした素晴らしい仕組み(^_^)

  8. 環境マネジメントシステム(EMS)国際標準規格「ISO14001:2015」認証を取得

PAGE TOP
Multiple Language Translate »