最近の記事

ソフトウェア開発の在宅勤務、生産性などに悪影響

管理職でも同僚でもお互いさま、優しさ・思いやりも忘れずにいたい。

・在宅勤務がシステムエンジニアの身体的、精神的状況や生産性に悪影響

・日本、米国、イタリア、インドなど計53カ国の2,225人からの回答

・身体的、精神的状況と生産性に密接な関係があり、特に女性や子どもを持つ親、身体的な障害を抱える人に強い影響

ソフトウェア企業がこれまでと同等の生産性を求めないことや、機器やサービスなど何を必要としているのかを細かく尋ねるなど、在宅勤務の環境をより良くするための工夫が欠かせないとの提言。

このアンケート調査の妥当性は高いと感じる(現場・現実を見るに)。生産性に影響ないとか上がったよという方(システムエンジニアを名乗る)は特殊な方々ではないかと。

在宅勤務偏重・礼賛の方々(IT業界で特に生産性があがったという意見)には懐疑的です。

在宅勤務では「同等の生産性を求めない」意識でいるぐらいがちょうどよいです。(管理職でも同僚でもお互いに優しさも忘れずに)^ – ^

関連記事

  1. 【新本社オフィス営業開始】

  2. Particularly dangerous variety of ransomware ̶…

  3. セキュリティ診断サービス ASURA Security リリース

  4. AIリテラシーをすきま時間に学べる

  5. Who led the digital transformation of your company…

  6. 第28回 Japan IT Weekー【春】AI・業務自働化展に出展(^-^)

  7. 政府情報システムのためのセキュリティー評価制度(ISMAP)

  8. アイディアをカタチにした素晴らしい仕組み(^_^)

PAGE TOP
Multiple Language Translate »