最近の記事

ソフトウェア開発の在宅勤務、生産性などに悪影響

管理職でも同僚でもお互いさま、優しさ・思いやりも忘れずにいたい。

・在宅勤務がシステムエンジニアの身体的、精神的状況や生産性に悪影響

・日本、米国、イタリア、インドなど計53カ国の2,225人からの回答

・身体的、精神的状況と生産性に密接な関係があり、特に女性や子どもを持つ親、身体的な障害を抱える人に強い影響

ソフトウェア企業がこれまでと同等の生産性を求めないことや、機器やサービスなど何を必要としているのかを細かく尋ねるなど、在宅勤務の環境をより良くするための工夫が欠かせないとの提言。

このアンケート調査の妥当性は高いと感じる(現場・現実を見るに)。生産性に影響ないとか上がったよという方(システムエンジニアを名乗る)は特殊な方々ではないかと。

在宅勤務偏重・礼賛の方々(IT業界で特に生産性があがったという意見)には懐疑的です。

在宅勤務では「同等の生産性を求めない」意識でいるぐらいがちょうどよいです。(管理職でも同僚でもお互いに優しさも忘れずに)^ – ^

関連記事

  1. 政府情報システムのためのセキュリティー評価制度(ISMAP)

  2. 「デジタル庁 2021年秋までに設置 トップに民間人検討」

  3. Teachers have the necessary technical and pedagogi…

  4. Microsoft Streamを利用して、学校内だけで利用できる動画サイトを作る手引き

  5. Japanese AI Landscape 2021

  6. 打ち合わせは自転車で移動

  7. 「中小企業がすぐにはじめられるRPA大全」無料配信 開始しました。

  8. 米パランティア上場 – データ解析、時価総額1.6兆円 –

PAGE TOP
Multiple Language Translate »