最近の記事

ソフトウェア開発の在宅勤務、生産性などに悪影響

管理職でも同僚でもお互いさま、優しさ・思いやりも忘れずにいたい。

・在宅勤務がシステムエンジニアの身体的、精神的状況や生産性に悪影響

・日本、米国、イタリア、インドなど計53カ国の2,225人からの回答

・身体的、精神的状況と生産性に密接な関係があり、特に女性や子どもを持つ親、身体的な障害を抱える人に強い影響

ソフトウェア企業がこれまでと同等の生産性を求めないことや、機器やサービスなど何を必要としているのかを細かく尋ねるなど、在宅勤務の環境をより良くするための工夫が欠かせないとの提言。

このアンケート調査の妥当性は高いと感じる(現場・現実を見るに)。生産性に影響ないとか上がったよという方(システムエンジニアを名乗る)は特殊な方々ではないかと。

在宅勤務偏重・礼賛の方々(IT業界で特に生産性があがったという意見)には懐疑的です。

在宅勤務では「同等の生産性を求めない」意識でいるぐらいがちょうどよいです。(管理職でも同僚でもお互いに優しさも忘れずに)^ – ^

関連記事

  1. 環境マネジメントシステム(EMS)国際標準規格「ISO14001:2015」認証を取得

  2. 政府情報システムのためのセキュリティー評価制度(ISMAP)

  3. 【リモートワークを進めるうえでのカギは・・・】

  4. Coronavirus: The Black Swan of 2020

  5. 2019謹賀新年

  6. 第28回 Japan IT Weekー【春】AI・業務自働化展に出展(^-^)

  7. Particularly dangerous variety of ransomware ̶…

  8. Go circular.

PAGE TOP
Multiple Language Translate »