最近の記事

【米ガートナー(Gartner)先進テクノロジーハイプサイクル(Emerging Technologies Hype Cycle)を発表】

「先進テクノロジーのポートフォリオ策定の際に考慮すべきテクノロジーとトレンドを業種横断的な視点から分析を行い作成したグラフ。

 過度な期待のピーク期にあると指摘している技術の例に、5G(第5世代移動通信システム)やエッジアナリティクス、AI PaaS(AI PaaS(サービスとしてのAIプラットフォーム)

 過度な期待のピークを越えて幻滅期に入った技術の例に、自律走行(レベル4)

黎明期に位置する技術の例としては、バイオテクノロジ:培養組織や人工組織やイマーシブワークスペース、敵対的生成ネットワーク(GAN)などがある。」

ガートナー社のレポートは有益だが、ここにある用語をバンバン使って説明してくるだけのビジネスプランも提案してくるサービスも眉唾もので聴いておかないと。聞きかじりと薄い知識で熱心に語られるの続くと辟易ƪ(˘⌣˘)ʃ

ビジネスプランも検証や分析よりやり抜く意思と強い絆のチームなわけで、それを見極めるため、自己防衛のために目を通しています。(^_^)

https://www.gartner.com/jp/newsroom/press-releases/pr-20190830

関連記事

  1. 【備忘用シェア】オンライン研修を成功させるための視点

  2. 日本政府「クラウド・バイ・デフォルト」戦略

  3. 【Japan IT Week 2019(春)】1日目 セミナー風景

  4. PMBOK Guide 第6版の紹介!

  5. 若手(素材)に求めるのは成果より成長

  6. CISO Supporting tool

  7. WinActor の講師認定試験 合格

  8. 【Japan IT Week 2019(春)】最終日セミナー風景

PAGE TOP
Multiple Language Translate »