孫正義に”検討中です”と言ってはいけない  「伝説の鯉漁師」に学ぶ交渉のコツ

孫社長が“これこそ交渉のコツ”と引き合いに出す福岡県・筑後川に実在した伝説の漁師の「鯉取りまあしゃん」こと上村政雄氏(1913~99年)。福岡県久留米市の素潜り漁の達人。火野葦平の小説『百年の鯉』のモデルとされている。
「その漁師さんは冬、裸の体に油を塗り、火で温めておいてから寒い川の中に潜るんです。川底に寝ていると、温かい体に鯉が向こうから寄ってくる。それを両脇と口で計3匹つかまえて、川から上がるそうです」

狙った相手を追いかけずに引き寄せる絶技!

今は夏、暑すぎる。あぁ。水に潜って仕事をしたい。

関連記事

  1. 本日、ISO45001 の審査を受審中です。

  2. 働き方 – ほぼ毎日が天王山脈な状態 –

  3. 令和ネクタイ

  4. 「昨日の自分にちょっとだけ克つ!自分史上最強」

  5. 創業日。12周年を迎え…

  6. 審査員更新研修 ISO45001:2018受講中

  7. 資本金 増資のお知らせ -財務体質を健全化し、経営基盤を強化-

  8. 2018年度はEMS(ISO14001)取得

PAGE TOP
Multiple Language Translate »