最近の記事

ビッグデータの解析で収集・諜報にも  すごいメガベンチャーです!

パランティア・テクノロジーズの強みは、まるで“魔法の水晶玉”を手にしているかのように、通常なら分析が難しい大量のデータを短時間で解析して、探したい情報を見つけ出せる技術にある。
 メールや文書、画像、音声、動画などの非構造化データを統合・分析できる同社の「ゴッサム」というソフトウエアを利用。従来は、高い専門性を持つ多くの人間と、途方もない手間と時間がかかっていた膨大なデータの分析を、比較的簡単に実行できるという。
 エクセルのようなファイルに収納された構造化データと違い、非構造化データを解析するのは難しい。それを可能にするのが、「ダイナミック・オントロジー」という情報の定義を柔軟に変える技術。
米インターネット決済大手ペイパルの共同創業者だったピーター・ティール氏らが創業。米スタンフォード大学時代の友人だった哲学研究者のアレックス・カープ氏をCEO(最高経営責任者)に招き、パランティアを共同で創業。

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00074/072400002/

関連記事

  1. 澤円氏の講演

  2. 「FIRST CSIRT Services Framework」バージョン2.0が7月に公開

  3. 【品質マネジメントシステム(ISO9001:2015)認証を取得】

  4. 新年のご挨拶

  5. 「AI・データの利用に関する契約ガイドライン 1.1版」

  6. 【お金がないと病気に「なれない」!? 】(誤解を恐れずに言えば)

  7. ボッチで会社で留守番

  8. サーバントリーダーシップ?

PAGE TOP
Multiple Language Translate »