最近の記事

業界から消えるクリエイターの共通点

・作品数が少ない人
・変わらない人
・長期計画を立てられない人
・すごい友人をお金に換えられない人
・お金が好きでない人
・元気がない人
・発表しない人

https://togetter.com/li/1128334

以下、引用

「作品はできたけど、発表方法がない」というのは、単なる甘えです。作品は発表しなければ業績になりません。

今、あなたが、素晴らしい作品を作ることができないのであれば、恥を忍んででも、「駄作」を発表するべきです。

結局のところ、クリエイターとは、クリエイターをやめる日まで、努力しつづけなければならない、辛い生き物です。

でも、クリエイターの方や、クリエイターを志した方であれば、「いい作品ができた」「人から作品を賞賛された」時の、突き抜けるような高揚感を知っているはずです。

関連記事

  1. 働き方 – ほぼ毎日が天王山脈な状態 –

  2. 【「自分に向き合う」のが世界的潮流】

  3. 【米ガートナー(Gartner)先進テクノロジーハイプサイクル(Emerging Technolog…

  4. 「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」

  5. 伸びているベンチャーで必要な人、いてはいけない人 - 採用の意外な落とし穴 –

  6. 花見ラン 桜満開の中

  7. オープンソースのシステム運用監視ソフトウェアを提供するZabbix社とパートナー契約を締結

PAGE TOP
Multiple Language Translate »