最近の記事

【「自分に向き合う」のが世界的潮流】

自分探しより自分磨きを!自分探しに時間かけ過ぎてもあまりいいことないです。(私、経験者ですから)

以下、サマリ引用

「自分探し」2つの間違い
1つ目は、「自分探しをしようと思う程度の「今の自己」が持つポテンシャルなど、取るに足りないと知るべきである。

2つ目は、今の自分を変えることなく「自分に合った環境」を探すことは、言い換えれば「楽したい」と同じ。

ゆえに、自分は何者で、何になりたいのかを真剣に考える時間を作るべべき。そのときに、自分を評価してはいけない。「自分は頭もよくないし、容姿もよくない」といったような評価は「自分と向き合った」ものではないからだ。それらはあくまで他人との比較でいわれるものだ。ここで問うべきは、他人との比較ではなく、自分の中での絶対的なものである。

関連記事

  1. 仕事が始まる時って

  2. リモート用装備 充実

  3. 孫会長に聞く、“AI時代”に天才は・・・

  4. サーバントリーダーシップ?

  5. 顧問就任のお知らせ – 中嶋秀隆氏を顧問に迎え、経営体制を強化 –

  6. 健康であること – 健康ならばなんでもできる-

  7. 【暑気払い 2018】

  8. 【「喜び」が人とのつながりを強固にする】

PAGE TOP
Multiple Language Translate »