経営全般

「ベンチャー企業には、創業者以上の競争力はない」

「創業者は理念と業績の矛盾した両方を追いかけられる」
「幹部は業績を伸ばせるが、創業者以上に矛盾した両方を追うことが出来ない」

社員から見て「常識人」な社長が経営する会社は、経営する社長にとってとんでもなくブラックな企業(社長が現場出て赤字補填&個人資産の持ち出しあり、社長だけ長時間勤務&休みなし)になってしまう。

「幹部に負荷がかかることは申し訳ないと思いますが、「平凡な中小企業」に向かうのはもっと申し訳ないので、心を鬼にして厳しい要求をし続けています。
その厳しい要求が、社員や幹部の理解に至らないとき、僕は「滅茶苦茶な社長」として映っていることでしょう。」

常識に囚われず滅茶苦茶な社長でありたいです。(いい意味で)()

参考URLです。

https://m.newspicks.com/news/2168716/

関連記事

  1. 経営全般

    仕事が始まる時って

    仕事三昧の日々と時間の中、ふと訪れる空白の時間を工夫して埋めて…

  2. 経営全般

    【「自分に向き合う」のが世界的潮流】

    自分探しより自分磨きを!自分探しに時間かけ過ぎてもあまりいいことないで…

  3. 経営全般

    【14期目突入】増収増益の黒字決算でした(^_^)

    12月決算の当社。14期目に入りました。増収増益の黒字決算で創業来…

  4. 経営全般

    ひたすら「続ける」

    SE時代は時間にルーズで、物覚えも悪く、事務処理、書類書きは自分に不向…

  5. 経営全般

    顧問就任のお知らせ – 中嶋秀隆氏を顧問に迎え、経営体制を強化 –

    IT業界で働き始めた駆け出しの頃の僕(2000年代まだ20代だった・・…

  6. 経営全般

    新年のご挨拶

    新年明けましておめでとうございます。本年もお客様に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
  1. 経営全般

    【「自分に向き合う」のが世界的潮流】
  2. 経営全般

    仕事が始まる時って
  3. 経営全般

    新年のご挨拶
  4. トレーニング

    連続80時間(550km)を疲れ知らずで走る超人 ディーン・カーナーシス
  5. 経営全般

    【14期目突入】増収増益の黒字決算でした(^_^)
PAGE TOP